過呼吸 パニック障害

最短3日!パニック障害は治ります!詳しくは下記で

一般的に過呼吸は激しい運動をした後や、極度にストレスを感じたときなどに起こりやすいと言われています。

 

ただこれらの条件が揃った時に全ての人に起こるというわけではなく、ストレスに弱い体質であったり、緊張しやすいなどの性格の持ち主に見られることが多いと言われています。

 

パニック障害を患っている人の中には、過呼吸の発作を起こすという方もおられますが、パニック障害によって起こる過呼吸の発作はどのように克服するのでしょうか。

 

過呼吸の症状を克服するには、過呼吸の症状を抑えるというより、パニック障害の治療が必要になってきます。

 

パニック障害の治療において、まず薬物療法で発作をコントロールする必要があり、薬物療法を取り入れることで過呼吸の症状は次第に軽減していきます。

 

しかし薬で症状を抑えることはできますが、過呼吸を克服したとは言い切れないのです。
過呼吸は極度の不安やストレス、一時的な緊張によって発作を起こしやすくなります。

 

一時的に薬で過呼吸の発作が治まっていても、強いストレスを感じたり極度に緊張する場面に遭遇した時に、過呼吸の発作が起こることもあります。

 

パニック障害の治療において薬物療法は外せませんが、パニック障害を薬だけで治療することは難しいと言われています。

 

そしてパニック障害は予期不安や広場恐怖を強く生じてしまうとなかなか克服することが難しいのです。

 

パニック障害の過呼吸を克服させるには、心理療法や認知行動療法なども取り入れて治療を進めていく必要があります。

 

また「過呼吸が起こったらどうしよう」という不安感が強くなることで発作が起こりやすくなったり、パニック状態に陥りやすくなりますので

 

「たとえ発作が起こっても時間が経てば落ち着くから大丈夫、大丈夫」と心にゆとりを持つこともパニック障害の過呼吸を克服していく上で大切なことだと思います。

 

焦らずにパニック障害と向き合っていけば必ず過呼吸を克服することはできます。

続きを読む≫ 2014/05/22 19:27:22

パニック障害の発作によって起こる過呼吸は過呼吸症候群と症状がよく似ており、間違われるというケースも少なくありません。

 

そして過呼吸症候群はパニック障害と合併することも多い病気で非常に紛らわしいのですが、これらは別の病気だと考えられています。

 

過呼吸症候群はこれといった有効な治療薬がありませんが、パニック障害の発作が原因の過呼吸の場合は薬物療法が有効だとされています。

 

パニック障害は、何の前触れもなく突然動悸やめまい、吐き気、震え、発汗などの様々な発作に襲われますが、

 

発作を繰り返すようになると、“発作が起こったらどうしよう”という不安や恐怖を感じ、予期不安や広場恐怖を生じやすくなります。

 

予期不安や広場恐怖を生じると、日常生活や社会生活に支障をきたすようになる為、

 

パニック障害の治療においてはまずパニック発作をコントロールする必要があります。

 

パニック障害の薬物療法では、主にSSRI、抗不安薬などを取り入れて治療を進めていきますが、服用を続けていくことで次第にパニック発作が軽減されていきます。

 

パニック障害の発作によって起こる過呼吸の場合にも、SSRIや抗不安薬が有効だと言えます。

 

そして過呼吸の発作が起こってしまってからでは遅いですが、過呼吸が起こりそうな前に事前に不安時用の頓服薬を服用しておくなどの対処法もあります。

 

パニック障害の治療では薬物療法が非常に有効だとされており、次第に薬の効果が得られてくると発作は少なくなっていきますが、パニック障害を薬だけで完治させることは難しく、心理療法や認知行動療法などの根本的な治療も必要になってきます。

続きを読む≫ 2014/05/22 19:25:22

パニック障害の発作の一つとして過呼吸の症状が現れることもあります。

 

過呼吸は必要以上に呼吸をすることで、血液中の二酸化炭素の濃度が減少し苦しさを感じます。

 

血液中の二酸化炭素が減少し、血液はアルカリ性に傾き、脳への血液の流れが悪くなることで、めまいや手足の痺れを感じやすくなります。

 

パニック障害によって起こる過呼吸の対処法はあるのでしょうか。

 

過呼吸になると、体はたくさんの空気を吸い込もうとする為、二酸化炭素が減り酸素が急激に増えることでさらに過呼吸の発作が激しくなりますので、

 

まず息を吸うよりも吐くことを意識して、なるべく息を長く吐く必要があります。

 

一般的に過呼吸の対処法として紙袋を口にあてて、吐いた空気を吸い込むという行為を繰り返すことで、血液中の二酸化炭素の濃度を上げることができます。

 

しかし紙袋を口にあてる際には少し隙間がないと、酸素不足になり余計に苦しくなってしまいますので注意が必要です。

 

そしてパニック発作は「また過呼吸が起こったらどうしよう」という予期不安から発作を起こしやすくなりますので、発作を防ぐ為にも予期不安が強い場合は予め頓服薬などを服用しておくことです。

 

頓服薬に加え冷たい水を飲むこともお勧めです。

 

何回か発作を繰り返すようになると、発作の前触れを感じやすくなりますが、その時に冷たい水を飲んでおくと落ち着くと言われる方も多いです。

 

実際に発作が起こりそうな前に冷たい水を飲むと発作が起こらないという方もおられるようです。

 

一概に全ての人に効果を発揮するとは言い切れませんが、過呼吸の発作が起こりそうな前に冷たい水を飲むという方法も良いかもしれません。

 

またとにかく焦らないことです。

 

パニック発作が起こっている間は非常に苦しいですが、発作は必ず治まりますし、パニック発作で死ぬことはありません。

 

たとえ激しい過呼吸の発作が起こっても、時間とともに必ず発作は治まります。

 

不安や恐怖を強く感じてしまうことで、余計に過呼吸の症状が悪化してしまいますので、「大丈夫、大丈夫」と落ち着いて対処することも大切です。

 

パニック発作は非常に苦しく、そんな時に冷静になったり落ち着いたりするのは難しいかもしれませんが、少しでも落ち着いて対処できるように事前にイメージしておくことも大切ではないかと思います。

続きを読む≫ 2014/05/22 19:23:22

過呼吸症候群とパニック障害の発作の一つである過呼吸の症状は非常に似ており、間違われることも多いのですが、過呼吸症候群とパニック障害は別の病気だと考えられています。

 

中には過呼吸症候群とパニック障害を合併するというケースもあるようですが、

 

パニック障害によって起こる過呼吸はどのような原因で起こるのでしょうか。

 

パニック障害の原因ははっきりとは解明されていないものの、脳内の神経伝達物質の異常によって起こると考えられており、

 

パニック障害は何の前触れもなく、動悸や吐き気、息苦しさ、胸の苦しさ、発汗、めまい、震えなどの発作が起こり、数回発作を繰り返すようになると、「また発作が起こったらどうしよう」という予期不安から更に発作を誘発しやすくなります。

 

パニック障害によって起こる過呼吸の原因としては、予期不安によって生じる不安や恐怖から更に過呼吸の症状が出やすくなるということが考えられます。

 

そしてパニック障害は発作を起こした場所を次第に避けるようになり、過呼吸の発作を経験した場所に行くと、過呼吸の発作が起こるということも多いのです。

 

過呼吸になると、体はたくさん空気を吸い込もうとする為、二酸化炭素が減り酸素が急激に増えることでさらに過呼吸の発作が激しくなります。

 

血液中の二酸化炭素が減少すると、血液はアルカリ性に傾き、脳への血液の流れが悪くなり、めまいなども起こりやすくなります。

 

また脳だけではなく、手や指への血液の流れが悪くなり手や指先に痺れを感じやすくなりますし、全身に痙攣が起きたりすることもあります。

 

稀にに失神してしまうというケースもあるようです。

 

パニック障害の発作によって起こっている過呼吸の場合は、パニック障害の治療が必要になってきます。

 

※パニック障害はストレスや疲労によって一時的に症状が悪化してしまうこともありますので、一時的に過呼吸が悪化してしまうこともあります。

 

続きを読む≫ 2014/05/22 19:21:22

過呼吸症候群とパニック障害は違うものなのでしょうか。

 

パニック障害の発作の一つに過呼吸があり、過呼吸症候群とパニック障害は同じ病気だと間違われることも多いですが、過呼吸症候群とパニック障害は別のものだと考えられています。

 

パニック障害は脳内の神経伝達物質の異常によって起こる病気だとされていますが、

 

過呼吸症候群は神経伝達物質の異常ではなく、自己誘発などの心因性の病気だとされており、10代から20代の女性にみられることが多い病気だと言われています。

 

症状は非常に似ていますが、2つは別の病気だと考えられているのです。

 

しかしパニック障害と過呼吸症候群は合併して起こるというケースもありますので、本当はパニック障害なのに、過呼吸症候群と診断されパニック障害を見逃してしまうというケースも少なくないようです。

 

パニック障害の場合は予期不安から、動悸、心拍数の増加、発汗、身震い、震え、息苦しさ、窒息感、胸痛や胸部の不快感、腹部の不快感、めまい、現実感消失、自分をコントールできない恐怖、気が狂うことに対する恐怖、異常感覚などの発作に襲われます。

 

激しい発作と共に、このまま死んでしまうのではないかという恐怖に襲われますが、発作は30分程度で治まることが多いようです。

 

そして予期不安以外に広場恐怖はパニック障害の特徴的な症状で、発作の起こった場所に行くと、また発作が起こるのではないかという恐怖や不安から電車や飛行機、人混みなどを避けるようになります。

 

これらの特徴的な症状がある場合はパニック障害と診断されます。

 

パニック障害の発作の一つに過呼吸がありますが、過呼吸があるからといってパニック障害とは限りません。

 

一方、過呼吸症候群の検査ではX線写真や心電図、血中のアルカリ度や炭酸ガス濃度などを調べて診断されます。

 

パニック障害の原因では、根本的な原因と、

 

完治する治療方法が紹介されていましたよ。

続きを読む≫ 2014/05/22 19:17:22