パニック障害 過呼吸 原因

パニック障害の過呼吸の原因

過呼吸症候群とパニック障害の発作の一つである過呼吸の症状は非常に似ており、間違われることも多いのですが、過呼吸症候群とパニック障害は別の病気だと考えられています。

 

中には過呼吸症候群とパニック障害を合併するというケースもあるようですが、

 

パニック障害によって起こる過呼吸はどのような原因で起こるのでしょうか。

 

パニック障害の原因ははっきりとは解明されていないものの、脳内の神経伝達物質の異常によって起こると考えられており、

 

パニック障害は何の前触れもなく、動悸や吐き気、息苦しさ、胸の苦しさ、発汗、めまい、震えなどの発作が起こり、数回発作を繰り返すようになると、「また発作が起こったらどうしよう」という予期不安から更に発作を誘発しやすくなります。

 

パニック障害によって起こる過呼吸の原因としては、予期不安によって生じる不安や恐怖から更に過呼吸の症状が出やすくなるということが考えられます。

 

そしてパニック障害は発作を起こした場所を次第に避けるようになり、過呼吸の発作を経験した場所に行くと、過呼吸の発作が起こるということも多いのです。

 

過呼吸になると、体はたくさん空気を吸い込もうとする為、二酸化炭素が減り酸素が急激に増えることでさらに過呼吸の発作が激しくなります。

 

血液中の二酸化炭素が減少すると、血液はアルカリ性に傾き、脳への血液の流れが悪くなり、めまいなども起こりやすくなります。

 

また脳だけではなく、手や指への血液の流れが悪くなり手や指先に痺れを感じやすくなりますし、全身に痙攣が起きたりすることもあります。

 

稀にに失神してしまうというケースもあるようです。

 

パニック障害の発作によって起こっている過呼吸の場合は、パニック障害の治療が必要になってきます。

 

※パニック障害はストレスや疲労によって一時的に症状が悪化してしまうこともありますので、一時的に過呼吸が悪化してしまうこともあります。